Le sucre de confiseur
Text Size :  A A A
|  Diary  |  Bbs  |  booklog  |  Link   |  about  |  twitter  |
Img_d83fc13fdcbecbab3eb91f40892029d6
みなとみらいドーナツです 川崎だったけれど
近隣店舗での研修最後の日
以前の職場の方と 仕事前に川崎でお茶をしてきました
ずっと誘って頂いていたのに なかなか出来ずにいて
やっと実現出来ました
その方は お休みだったのにわざわざ来てくれたのです

チョコレート専門のお店で
店内はきれいで 広くて 空いていて
ここは居心地いいです
いいお店を見つけました
今度は一人でも来てみたいです

隣の「箱根ベーカリー」も外観が高級感があって なんだか素敵なお店で
(以前の川崎の地下街を知っているので ちょっと驚きです)
美味しそうに並んでいるパンに誘われ クロワッサンを買って帰りました

お茶をした後 バスに乗り 研修先で最後の仕事をしてきました
誰がお世話になっているお店の方か
今度一緒に働く方か
よくわからないままの5日間でした

25歳の社員の方に仕事終わりに 「ありがとうございました」と
挨拶をしていたら 
ほかの社員の方に 「お見合いみたい」と言われました
かしこまって挨拶してたように見えたのでしょうか
そんな時 「そんなー親子みたいに年が離れていますからー」と
言えたらよかったのですけれど
相変わらず黙ってしまい 何も言えないままでした
やっぱり私は どこにいっても明るく受け答えができないでいます

Img_1e518f0178f25aed338c9b8233ae61f1
コースターに書いてあるメッセージも
とっても可愛いです

*   *   *    *
仕事中は目だけだしているので
ありがたいことに 年よりずっと若く見てもらえます
迷惑なことにお見合い相手にされた社員の方に
「一人暮らし?」と聞かれ時
そういう時はどうこたえるといいのか迷い
言わなくてもいい 
「離婚して今 娘と二人で暮らしている」と答えました
娘の年齢も伝えたら
「若く見える」と言ってもらい
更に帽子を深くかぶり マスクで顔を隠して
素顔を見せないように過ごそうと思っています

若いっていわれて 調子に乗ってはいけません
私はどこにいっても 嫌われることばかりなのだから

私自身も目元だけで判断されますが 他の方の顔も実はよくわからずにいます
見えるのは目だけなのですから

Img_11fd477adb8deeadc05ec9977577c406
久しぶりにfetecafeさんでごはんを食べました

いつもは静かな店内ですが この日はケータリングの打ち合わせをしていたり
地元紙の取材を受けていたのでしょうか
ちょっとにぎやかでした

それでも 居心地よくのんびりとしてきました
お待たせしたので…と
Img_70064c89aa12d262dd4c18dfe3168a03
3年番茶という
お茶をサービスして頂いたのです
ノンカフェインなので赤ちゃんも飲める優しいお茶なのだそうです
(全然待たされてなかったですけど)

美味しかったな

*   *   *   *

やっと以前の働き方から解放されて 気持ちに余裕が出来ました
家の中を整理できるようにもなってきました
久しぶりの自由が丘なので 可愛くて安い収納グッズも買って帰りました

心身ともに疲れ切った前の職場ですが
3月末までは働いていたので 決算賞与をもらうことが出来ました
パートなので少しなのですがうれしい収入でした
店長自ら私たちに封筒を配ってくれていて
てっきり現金が入っているのかと思って
帰りに娘とご飯を食べようと待ち合わせをしたら
あれ?あれ?振込なの!?
封筒の中身は一枚の紙だけ
お金がないことに焦りました
ちょうど行こうと思っていたお店は お休みで
近くのラーメン屋さんに行ったので
なんとかお財布に入っているお金で済みました
封筒に入っていたのは 社長さんからのお手紙だったのです

賞与と2日分の有休でいつものお給料より増えた分で
壊れそうで心配だった洗濯機を買い換えました
その時付いたポイントで炊飯器も買い
とりあえず 壊れてからでは遅い電化製品も買うことも出来て
安心しました
収入が減るので 買う必要なものは今のうちとも思っていたのです

もう少し今の仕事に慣れたら 短時間でもう一つ仕事をしたいのです
そうしないと生活していくのが難しくなります
以前の職場はたくさん残業をさせられた代償に お給料は増えました
今は働きやすくなったけれど 収入はだいぶん少ないです
だから来月になったら また職探しです


近隣店舗での研修に先週2日行ってきました
実際にお客様用の商品に触れたのは初めてでした
まだ私は調理はせず パック詰めだけです
あと簡単な盛り付けくらい

こんなに何もできない状態で
本当にお店がオープンして私は出来るのでしょうか
無理な気がして仕方ありません
作業指示書を見てもよくわからず 戸惑ってばかりです
何をするにもどんくさくって 仕事も覚えられないし
不安ばかり募ります

*   *   *   *

娘のバイト先の社員の方が娘に無利子でお金を貸してくれるそうなのです
奨学金の説明会に出席するのでシフトの変更の話をしたとき

利子を払うの大変だから貸してあげるよ
返せるときに返してくれたらいいから

と言って下さったそうなのです
お店としてではなく個人的になのです

こんな話があるのかと驚きました
借りるのかどうするのか娘が決めることなので
私は人さまから借りるなんて迷惑だからとも言わず‥でした
娘なら返してくれると信じてくれているのでしょうか
もし返してもらえないとしても それでも…という気持ちでもあるのでしょうか

娘は周囲の人になんて良くしてもらっているのでしょう
それは娘が信用されているからでしょう
心配して気遣ってくれる人がいるなんて幸せなことです

もし私だったら 信用がないので
家族でもない私に
貸してくれるなんて人は どこにもいないでしょう
切羽つまって貸してほしいと言ったとしても

母親の私は頼りなく 何もしてなくって
その日暮らしで
それに比べ 娘はちゃんと将来を見据えて 就活がんばっていて
絶対お金は働いて返すって覚悟して
えらいなと思ってしまいます


Img_222e044e9c58f811d0db25d1e48de5a3
疲労感がとれず クリニックで疲労回復の点滴をしてもらいました
美白成分もせっかくなので入ったものを選びました

行きの電車では背中や肩や腰が痛くて
立っているのが辛かったけれど
痛みが軽減されたように感じました
速攻効きました! とはいかなかったけれど
受けてきてやっぱりよかったです


*   *   *   *

職場を転々としているけれど
珍しく連絡先を交換してたまに連絡できる人は出来ました
本当に珍しいことにです

今度働くところは まだ研修中です
近隣の店舗に行くことになっています
私はあまり自分から連絡をしないのですが 
そこには前の前の職場の方が働いているので また会える機会ができました
辞めたらもう会うことはないと思っていたので
縁のある人はあるのだなと思いました
でも 私がその方が今度働くお店に転職をしたと教えてもらい
たまたまそのお店が新店をオープンさせると知り
求人に応募したのがきっかけなのですけど
私が辞めたあとすぐその方も辞めていて
その方の就職先と同じところに 私も行き
お互い後追いしているみたい
とても優しい人なので ひさしぶりに会えるのが楽しみです

近隣店舗もそうだけれど
教育センターで研修もあり
2日間でおすしと天ぷら それぞれ7時間ずっと作っていました
握りずし10人分とかてんぷらのおべんとうとか…
(今度働くのはお惣菜なのです)
エビ天いっぺんに10本とか!

研修先も埼玉だったり
電車を乗り継ぎぐったりでした
作り続けたので 当分おすしも天ぷらも食べたくなくなりました
作るだけでおなかいっぱい

全然上手く作れず 周りについていけず
一体商品として店頭に並べてもいいものを作れるのでしょうか
無理な気がします
不安です
あーどうしよう
今日からまた新しい職場で働きます
実は2月下旬に退職したい旨伝えていて
3月初めの面接で その場で採用してもらえました
(いつも後日連絡なのですが)
ありがたいことです
4月下旬オープンの新店です

オープンまで研修を受けます
今度はどれくらい続くでしょうか

転職ばかり
新しい環境が苦手な癖にです