Le sucre de confiseur
Text Size :  A A A
|  Diary  |  Bbs  |  booklog  |  Link   |  about  |  twitter  |
沼田まほかるさんの『9月が永遠に続けば』を読んでいます

まるで衣通姫(そとおりひめ)のよう…と表現される
ある事件がきっかけで精神を病んでしまった少女が登場します
衣服を透かしてしまうほどの肌の白さ

その肌の白さ
美しさから 男性を惹きよせてしまい
我を忘れさせ有頂天にさせてしまうと

清純さと猥褻さはまるで表裏一体
清純さこそが 一番の猥褻さ なのかと

読んでいると 暗闇に一緒に紛れ込んでしまうような
不安感をあおられてしまうようなお話なのだけれど

ひとりちょっと無遠慮で 決してカッコいいわけではなく
清潔感も感じない
主人公の女性の息子のガールフレンドの父親が出てくるのだけれど
彼がいるおかげで
主人公の女性は 日常と繋がっていられたように思えました

本当に温かい人は誰なのかなと
『彼女がその名を…』の陣治のような男性

恋愛の対象が遠くかけ離れてしまうほど
せつのうて 美しい…という言葉をかけてあげたり

まだ読んでいる途中なのに
すっかりまほかるさんの世界に迷い込んでしまいました

こういうお話が好きなのは
キラキラ輝く世界と無縁だからかも

文彦君が彼に好意を持っているちょっと風変わりな女の子を
彼女のずれているところが 結構好きなんだ 
っていうのだけれど

こんな男の子ばかり世の中にいるといいのに


職場の男性とメールしたとき
普段は全く話さず ごくたまにメールの時だけは話すだけなのですが

○○さんは思考がずれてますね
俺は面白いからいいけど

と返信が来た時がありました
それを読んで 固まりました
あー変な人だとやっぱり思われたのだと
そもそも普通のそれも20代の男性にメールすること自体が
図々しかったって

しばらくメールできませんでした

一か月何もメールせず
ただ 最近仕事が早いから終業時間のかなり前に帰ってしまうので
今の仕事じゃ物足りなさを感じていたり
もっと違う職場がいいって思ったりしているのでは…って思ってしまい

もしかして 辞めようと思っていますか って送りました

人見知りする私に声をかけてくれていた他部門の女性が
続けて2人も辞めてしまったこともあり
私自身 もし他の仕事が見つかったらやめようかとも考えていることもあり
他の職場でも十分やっていけるはずだし
何よりも若いから いくらでも他の仕事がありそうに感じたので

私はラインを今どきしていないので
ショートメールで 3回に分けて返事をくれました
とても丁寧なメールでした

私からメールしたときは 
何かありましたか って聞いてくれます
それは私にとってはとてもうれしいことでした

思考がずれてと指摘されたときは
バカにされているのかも…感じ しばらく落ち込んでいたけれど
面白いならいい
つまらないって思われるよりいい って思うようにしました

それでまた調子にのって
変な返信をしたので また やっぱりずれている人だなと
おもわれたと思います

*   *   *   *

クリニックの先生に 顔のたるみが気になると相談していた時
マッサージがいいですよ と言われました
フェイスリフトの施術もそうですが
自宅でのたるみ防止なら 頬づえをつくように ぐーっと頬を押すのがいいとことです
かなり強く痛いくらい「 ぐーって

顔の悩みなので先生の顔が すぐ目の前に来るくらい近づくのですが
美容クリニックの医師で 顔も良くって 左手の指には指輪があり
きっと 仕事もうまくいっていて すごくキレイな奥様がいて
幸せな生活なのだろうなって 思いながら見てしまいました
キャンぺーン中だったマッサージピールの回数券を購入して
顔に施術をしてもらうのは4回目

マッサージピールはコラーゲンピールともいうらしく
ケミカルピーリングのように表皮の古くなった角質を溶かすのではなく
マッサージしながら真皮まで働きかけることで
コラーゲンを生成させるみたい

これを受けると 私は結構ダウンタイムに悩みます
口周りが真っ赤になります
口だけパクパク動くお人形みたいな口元になります
皮膚の薄い部分が真っ赤になるのです
施術中は灼熱感を感じる場合があるというように
顔が熱くなります
施術してくださった方は 痛みに耐えられなくって受けられないと言っていました
皮膚の薄いところはかなり痛みもあります
でも 施術中の痛みと数日出る赤みを我慢すると顔にハリがでてくるのです
施術直後よりしばらくすると効果が出るようでう

最初の頃は赤みより口周りの皮剥けがひどかったのですが
新しい皮膚にきっと生まれ変わってくれるのだと思います
この皮剥けを防ぐには保湿が大切なのですが
このピーリングを製造しているところから販売されている
ホームケアのWiQOというクリームを使うといいらしいのですが
お高いので お試しの小さいサイズをまず試しました
でも やっぱり値段が高いのでお試しだけでやめて
(思ったほど…これじゃなくちゃ!とは思えなかったのもあり)
今はVaselineをいっぱい塗って眠ります
安いからたっぷり使えます
特に口と目の周りはいっぱい塗ります
娘がよく使っていたのがわかりました
マッサージピールにはコウジ酸も成分として入っているので 美白の効果もあるようです

先月美白点滴の際 針を上手くさせない新人の看護師の方が担当になって
2回刺しちゃんと血管に入っていない状態だったみたいで
他の方に代わりました
でも その最初の方が私にさした針を自分の指にさしてしまったということで
私に感染症がないかどうかの血液検査のため 採血まですることに…
この日3度も腕に針をさしました
先週久しぶりに映画を観てきました

『恋は雨上がりのように』
可愛くて淡い女子高生の恋心を描いていて
ストーリーは雨の止むのを待つために入ったファミレスで
温かく接してくれた店長に恋心を抱いた女の子が
そのファミレスでバイトを始め
店長と過ごす日々の中で
諦めていた夢にもう一度向き合うお話
 
小松奈菜さんが可愛い
ストーリーはともかく
その可愛さを観るための映画でした

あまりにも毒がなさすぎて
私には物足りなかったですが

ファミレスでも働いている私としては
実際に店長は女子高生に好意を持たれることがあるものなのか
聞いてみたくなりました
とっても若いのでなくもないような…ですけど


*    *    *    * 

原田知世さんのCDを前に買っていながら
映像の『セプテンバー』ばかり観ていました
ちゃんと全曲聴いたのは初めてです

『木綿のハンカチーフ』をカバーしていて
もちろん 耳にしていて知っているのですが
私は歌詞を知りませんでした
こんなにも切ないものだったのかと

今日はお休みなので柔らかな声を聴きながら まったりとしています


                  
また あっという間に月が変わりました
もう6月です

娘は一人暮らしを始めました
私も一人暮らしになってしまいました
まだあまり実感がなくって
ただ 旅行に行っていて今日はいないだけみたいです

仕事前に荷物を運ぶのを手伝いましたが
私に頼りたくないみたいで 全部一人でしています
会社には徒歩で行けるので 通勤電車の辛さがなくなり
私からも自由になり 娘にとっては良かったのではないかと思います
一時間もあれば会える距離なのですが
きっとしばらく顔を会せることはないかもしれません
淋しいなと思いだすのはいつぐらいでしょう

娘の独立を機にフルタイムで働きたいと思っています
そうしないと生きていけません
明日 面接があります
採用してくれるといいけれど…
ファミレスの方は固定シフトではないので
どんどん入れてもらえなくなっていて
これではダブルワークの意味がないのです
仕事が遅い私は必要ないみたいです

なんだか今の職場も面倒なことを言う人がいるし
そういう私も面倒なひとりです

あーうるさい!!うるさい!!って心の中で毒を吐いています

*   *   *   *   

沼田まほかるさんの本を読み終えました
泣きました
最後はすごく胸が詰まりました

電車の中で最後ばかり何度も読み その度に泣いてしまいます
これが人を愛することなら
私はこれほどまでに人を好きになれたことはないです

この本を読むきっかけは 映画館で予告を観たからでした
共感度ゼロとありましたが
そんなことなくって
ここまで愛された十和子がうらやましくさえなりました

歪んでいるのに
歪んでいるからこそ 深く深く愛せたのか

私の人を好きだという気持ちは なんて薄っぺらいのかなと
そんな風に思いました